リージョンズの転職相談会とは?

リージョンズ株式会社では定期的に無料の「転職相談会」を開催しています。相談会といっても、具体的にどのような相談に乗ってくれるのかイメージが湧かず、申し込みをためらってしまう方もいるかもしれません。そこで今回は、実際にリージョンズの転職相談会で面談を担当しているコンサルタントに相談会の内容についてインタビューしました!

鎌田 真知子
宮城県仙台市生まれ。小学校から高校卒業までを岩手県で過ごし、埼玉大学を卒業後、大手流通小売業に入社。その後、リクルートグループの人材開発・人事コンサルティング会社に入社。経営企画部門に所属し、約18年人事・総務の一連の業務に携わる。夫の郷里である札幌に移住するために退職し、2014年にリージョンズ株式会社へ入社。

リージョンズの転職相談会とは?

── リージョンズの転職相談会はどのようなものですか?

リージョンズのコンサルタントと1対1でキャリアに関する相談ができるサービスです。事前予約制、完全無料で、1回につき最大1時間じっくりお話をしています。金曜日・土曜日を中心に定期的に開催をしているので、週末や仕事終わりでも気軽に情報収集ができますよ。現在はオンラインでの相談、または電話での相談を受けています。ご自宅から私服で参加いただけるので、リラックスしながらお話ができます。

── 気軽に参加ができそうですね。ただ、転職を具体的に考えていないと参加できないのでしょうか?

いいえ、転職をすることを決めていない、迷っている、という方でも参加いただけます。先日行った転職相談会では5名の方とお会いしましたが、転職することをすでに決めているという方は一人もいらっしゃいませんでした。まずは気軽にエントリーしてみてください。

あわせて読みたい

転職を考え始めたとき、エージェントに相談しようと思う人は多いのではないでしょうか。しかし相談のためだけに転職エージェントを利用していいものか、不安を感じる人もいることでしょう。 一般的にどの転職エージェントも「相談だけ」の利用を歓迎[…]

── どのような方からのご相談が多いですか?

リージョンズは30代からの転職に強みがありますので、ご相談いただく方も30代から40代の方が多いですね。30代になると結婚したり、お子様がいたり、ご両親の介護の事情があったりと、転職が自分だけの問題ではなくなり一筋縄でいかなくなるケースが多いです。また、未経験分野へのキャリアチェンジが厳しくなり、これまでの経験・スキルとの一貫性を求められる年代でもあります。さらに、将来のキャリアを見据えて、マネジメント経験を積みたいなどのキャリアステップを真剣に考え始める時期でしょう。そういう方々が専門家のアドバイスを受けるためにご相談いただくことが多いです。

── どのような内容の相談が多いのでしょうか?

情報収集をしたいという方が多くいらっしゃいますね。具体的には、「今すぐではないけれど、事情があって将来的にUターン転職をしたいが、どう進めればよいか」といった相談や、「地元の転職市場についての情報を教えて欲しい」といった相談を受けることが多いです。
場合によって、「結婚や子供の出産を機にUターンしたい」「実家に住む両親の介護が必要になった」といったプライベートな話にまで会話が及ぶこともあります。もちろん私たちコンサルタントから無理にお話を聞くことはありませんが、転職は仕事だけではなくご自身の生活にも大きく影響しますので、自然と今後の人生設計もふまえたご相談になることも多いですね。

相談会に参加するメリットとは?

── リージョンズの相談会に参加するとどのようなメリットがあるのですか?

「そもそも転職をすべきかどうか」という判断ができるのがひとつのメリットです。相談会の中で現職の事情やこれからの希望についてお話を伺った結果、「転職はせずに、このまま現職で頑張ろう」という結論に至ることも少なくありません。
また、仮に転職をするとした場合も、「いつ転職すべきか」が非常に重要です。転職は人生・キャリアに大きな影響を与えます。家族との時間を大切にしなければいけない時期、収入が求められる時期、仕事へのやりがいを追求できる時期など、自分と家族のライフサイクルも十分に考慮しなければなりません。
さらには、転職活動をすること自体、準備期間も含めると個人への負担が想像以上に大きいものです。企業や求人の情報収集をして、応募先を決めて、履歴書・職務経歴書を作成して、実際に面接が始まれば面接の準備もしなければなりません。相談会の場では、そういった「いま、転職するべきなのか」という判断材料も提供できます。

── ひとりで悩まずに相談できるのは嬉しいですね。

Uターン転職を行う際、大変なことの一つが情報収集です。これまでの自分のキャリアでUターンすることができるのか、どういう職種や待遇の求人があるのか。地元を離れているとなかなかリアルな情報を集めることはできません。地元の事情に詳しいコンサルタントに相談をすればこれらの情報が得られます。

── Uターン転職を検討する際、地元企業の情報はぜひ知りたいです!

リージョンズは北海道・宮城・栃木・茨城に特化してサービス展開をしており、10年以上の実績もありますので、この地域へのUターン転職については多くの情報を持っています。地元にどのような企業があるのか、どの業界が盛り上がっているのか、ご相談いただいた方のキャリアではどのくらいの待遇になりそうか、などできる限り個別具体的な事例を交えてお伝えをしています。

── そのほかのメリットはありますか?

相談会で担当するコンサルタントは転職支援と同時に、企業の採用支援も担当しています。日々経営者と直接会話をしているので、相談会の場で求人票として表に出ていないリアルな情報を得ることができます。「こういった事業の企業で、こんなビジョンを持った社長がいて、こういう課題感があります。あなたのスキルをこのように活かせますので、もし興味があれば社長と話をしてみませんか?」というような形で企業とお繋ぎし、実際に転職が決まったケースもあります。相談会を通して思わぬキャリアの可能性に気づくことができるかもしれません。

相談会を活用するためのポイントとは?

── 相談会をうまく活用するにはどのようなポイントがありますか?

気負わず、リラックスした状態で参加いただいて構いません。ただ、事前準備として、転職という手段で自分がどのような課題を解決したいのかを明確にしておくと有意義な場になると思います。転職は人生やキャリアにおいて重要な決断です。次に自分が取るべきアクションに繋げるためにも「自分は何を実現したいのか」を振り返ってみることをお勧めします。

── そのほかにも何か準備しておくことはありますか?

できる範囲で構いませんので、履歴書・職務経歴書は作成いただくと良いと思います。履歴書・職務経歴書を提出いただくことで、コンサルタントも事前準備ができますので、転職相談会でより的確なアドバイスが受けられるようになります。特定の業界や職種などはコンサルタントが事前に調べなければ詳細な情報が手元にない場合もありますので、相談会の時間をフル活用するためにも、事前にキャリアの情報を整理してご提出いただくことをお勧めします。なにより、履歴書・職務経歴書を作ることでご自身のキャリアを整理するきっかけにもなります。
余談ですが、私たちコンサルタントは、事前に提出いただいた履歴書・職務経歴書を拝見するときに当時の時代背景も想像するようにしています。例えば、リーマンショックのなかで転職活動をした世代の方だな、お勤めの会社は3年前にメディアで取り上げられていたな、など当時の時代背景も考慮することでよりその方のイメージを持ちやすくなるからです。

── 逆に、相談会をうまく活用できないケースはありますか?

相談会に限らない話になりますが、どの転職支援会社に相談するかはとても大切です。転職支援会社はそれぞれ強みがあります。例えば、特定の職種の転職に強い、地方の情報に強い、経営幹部層の転職に強いなどがあります。もちろんどの転職支援会社も、転職そのものについての一般的な知見は持っているはずです。しかし、「今の自分のキャリアであればどのような選択肢があるか」という個別具体的な相談については、転職支援会社それぞれの特色を見極めて相談しなければ、思ったような情報を得られない可能性があります。弊社も具体的に希望を伺った際、すぐにお役立てができないと思った場合は正直にお伝えしています。

── どこに相談するかが大切ということですね。

私がよく相談を受けるのは、希望の勤務地を伝えたにも関わらず、全国転勤ありの東京勤務の案件を紹介されてしまった、というものです。地元に特化している私たちは「地元勤務・転勤なし」の案件を多く取り扱っていますので、地元へのUターン希望のある方はぜひ一度ご相談ください。

── 本日はありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。相談会は中長期的なご自身のキャリアを考えるきっかけになります。Uターン転職を検討されている方はぜひお気軽にご相談ください。

個別相談会 開催一覧を見る

あわせて読みたい

病気になったら病院へ、家の購入はハウスメーカーへ、保険は保険代理店へ。何かに困ったとき、大きな決断をするとき、より詳しい情報が欲しいとき、それぞれの専門家、プロにお願いすることがあるかと思います。転職にも、転職支援を行うプロがいます。転[…]