転職相談のカウンセリングとは?キャリア構築に役立つ効果的な使い方

転職や今後のキャリアを考えたときに、転職相談のカウンセリングを受けようと思う人は多いのではないでしょうか。ここでは、カウンセリングの利用方法やよくある相談内容、より良いカウンセリングを受けるためのポイントなどを解説します。

転職相談のカウンセリングとは

カウンセリングとは

転職相談におけるカウンセリングとは、転職エージェントなどに勤めるコンサルタントが転職を検討している人から相談を受けアドバイスを行うことです。

※資格保有者はキャリアコンサルタントと呼ばれます。

カウンセリングでは、転職やキャリア形成支援に知見を持つコンサルタントが、職業選択やキャリアの相談にのります。「自分の経験を活かせる仕事は何か」「思い描くキャリアプランをかなえるにはどうすればいいか」などの相談に客観的視点からアドバイスを行うことで、あなたが自己理解を深め、より良いキャリア形成ができるようにサポートします。

なぜカウンセリングが必要なのか

なぜ、転職のカウンセリングが必要なのでしょうか。

昨今の社会情勢の変化や個人の仕事に対する考え方の変化により、働き方の選択肢が増えてきました。それと同時に、生涯一組織で安定的・継続的にキャリアを築くことが困難になりつつあります。

こうした背景から、自身の職業観や人生観に基づいて、キャリアを構築しなくてはならない状況が生まれました。それをサポートするためにキャリアコンサルタントという職業の必要性が増し、個々の状況に合わせて相談できる「カウンセリング」が重要になっています。

カウンセリングの内容と流れ

カウンセリングの内容

ひとくちにカウンセリングといっても、あなたの状況や悩みによって内容は千差万別です。求人の紹介など転職活動そのものの支援をするだけでなく、働き方や、時には相談者のプライベートも含めた人生についての話をすることもあります。相談を受けるコンサルタントは、丁寧にヒアリングし、個々の状況に合わせて幅広くアドバイスを行います。

カウンセリングの流れ

一般的に次のような流れでカウンセリングを行います。

※カウンセリングを提供する企業やコンサルタントによって異なります。詳しくはそれぞれの相談先にお問い合わせください。

①転職の動機を聞く

転職を考えたきっかけ、現在の状況に対する悩みや不安などを伺います。

②経歴を確認する

これまで経験した業務、役割、実績などを伺い、キャリアの棚卸を行います。客観的な視点から、市場で高く評価される経験やスキルを把握し、あなたの強みを理解します。

③今後のキャリアで実現したいことを明確にする

転職する・しないは別として、あなたが今後の職業人生で実現したいことを明確にし、そのためにどんな選択肢があるのかを考えます。カウンセリングを通じて明確にしていくため、この時点ではっきりとしたビジョンを持っていなくても大丈夫です。

④優先順位を整理する

転職先に関する具体的な希望を伺います。そのなかで最もかなえたい条件は何か、それが担保されるなら譲歩してもいい条件は何かを確認し、優先順位を明確にします。

⑤カウンセリングの内容を整理し、求人案件を紹介する

カウンセリングの内容をもとに、あなたにマッチする求人案件を紹介します。または、カウンセリングを通じて「今の会社で働き続けるほうが、あなたにとっていい」とコンサルタントが感じた場合は、そのように伝えることもあります。経験豊富なプロの視点から、最良と思われるアドバイスを行います。

カウンセリングのメリットとデメリット

転職相談のカウンセリングにはメリットがある一方で、デメリットになり得ることもあります。詳しくご説明しましょう。

メリット

①客観的な視点からフィードバックを受けることで自己理解が深まる

カウンセリングではヒアリングを行い、キャリアの棚卸をサポートします。その過程で、客観的に見たあなたの強みや市場価値が高い経験・スキルを伝えます。コンサルタントによる事実ベースでのアドバイスを得られることが、カウンセリングの最大のメリットです。あなたと同じような年齢、同じような経歴の方がどのような転職をしているのか。あなたの希望にマッチする求人はどれほどあるのか。データや経験を元に、具体的かつ現実的な話ができます。「今まで思ってもいなかったことが、実は強みだと知ることができた」ということもあります。

また、思い描くキャリアがすでにある場合は、どのようなステップを踏めばかなえることができるのかを一緒に考えます。その結果、「今は転職せずに、このまま頑張ろう」という結論に至ることもよくあります。そうなっても全く問題ありません。カウンセリングの目的は単に求人案件を紹介することではなく、コンサルタントという第三者の客観的意見を助けとして自己理解を深めることです。

②市場や企業に関する鮮度の高い情報を得ることができる

労働局が発表する有効求人倍率やネットに公開されている求人案件で「事実」を知ることはできますが、何が起こっているのかという「実態」は知ることができません。例えば、その土地でいま注目を集めつつあるビジネスは何なのか、密かに次のユニコーンと目されている企業はどこなのか。市場と企業に深く入り込んでいるコンサルタントは、経営者と日々やり取りを行うことで得た「生の情報」を持っています。カウンセリングではそういった鮮度の高いリアルな情報も知ることができます。「最近の〇〇はどうですか?いま盛り上がっているビジネスや面白い会社はありますか?」とぜひ質問してみてください。ネット上では知ることのできない、ワクワクするような話が聞けることでしょう。

③転職活動について実践的なアドバイスを得ることができる

履歴書・職務経歴書の書き方、面接を受ける際のふるまい方など、実践的なアドバイスをもらえることもカウンセリングのメリットです。ただし、こういったテクニカルな分野について初回のカウンセリングで相談することはおすすめしません。まずはキャリアの棚卸や今後のキャリアビジョンを共有することで、コンサルタントにあなたのことを理解してもらうことが重要です。そうすれば、その後の転職活動のステップごとに、あなたに合った的確なアドバイスを得ることができます。初回のカウンセリングにおいては、コンサルタントとの信頼関係を構築することを大切にしてください。

デメリット

①コンサルタントとの相性がよくないことも

転職は結婚にたとえられるように、人と人との関係が大切です。そして仲人のように企業とあなたの縁をつなぐコンサルタントとの相性も重要になります。コンサルタントも人間です。どんなに経験豊富な人でも「なんだか自分には合わない」ということもあり得ます。カウンセリングでは、あなたが心地よくコミュニケーションをとれる相手かどうかを確認してください。複数の転職エージェントに登録し、相性の良いコンサルタントに絞って具体的に話を進めていくのも良いでしょう。

②コンサルタントの強みが活かせないことも

転職エージェントは、有料職業紹介事業者として厚生労働省の認可制となっており、全国に約23,000事業所があります。なかには、業界や職種、エリアや年齢層など、特定分野に特化してサービスを行っている転職エージェントもあります。そのため、あなたの経験や希望、相談したい内容が、その転職エージェントの強みと異なってしまうと、カウンセリングを受けても適切なアドバイスを期待することはできません。また、得意分野から外れてしまうと、極端に求人数が少なくなってしまいます。登録する前に各社のホームページ等もしっかりと確認し、得意分野や特徴を把握しておくと良いでしょう。

③コンサルタントによっては無理に求人応募を促してくることも

一般的に、転職エージェントは転職者が求人企業に入社してはじめて紹介手数料を得る仕組みになっています。そのため、ビジネスとして見たときには、まずは求人に応募してもらいたいというインセンティブが働きやすくなります。特に短期業績に追われている転職エージェントの場合、あなたの意向を無視して応募を急かしてくる可能性もあります。カウンセリングの場では、客観的な立場で親身に相談に乗ってくれるコンサルタントかどうかを見極めると良いでしょう。

よくある相談内容

前提として、カウンセリングの内容は一人ひとり異なります。誰一人として同じ悩みをもつ人はいません。ここでは、カウンセリングにおける代表的な質問を紹介します。

※実際に転職支援会社リージョンズ株式会社に寄せられる質問を元にしています。

ライフステージの変化をきっかけに転職するか迷っている

30代の方の多くがこのような悩みを抱えています。結婚やお子さんの誕生といったライフイベントの前後では、働き方を変えたい、収入を増やしたいという思いから、「転職」という言葉が頭をよぎるものです。カウンセリングでは、転職を考えている具体的な理由をはじめとして、人生やご家族の未来についても丁寧に掘り下げていきます。そして、どんな選択をすれば今後のキャリアが良いものになるのかを一緒に考え、アドバイスを行います。

自分の市場価値を知りたい

充実したキャリアを歩んできた方にとって、転職市場でどんな評価を得るのかは気になるところです。カウンセリングでは、データや経験をもとに事実ベースで疑問を解消するサポートを行います。また、ヒアリングによるキャリアの棚卸で「自分では気づかなかったが、転職市場では高く評価される強み」に気づくこともあります。反対に、自分では希少だと思っていた経験やスキルが市場価値としては意外と凡庸だった、ということもあります。大切なのは自分を正しく理解することです。カウンセリングで得られる客観的意見はあなたの今後のキャリアにとって意味のあるものとなるでしょう。

中長期での転職を考えており、進め方について相談したい

いつかは地元に戻って家族で暮らしたいと考えているが、具体的に動くタイミングや転職活動の進め方を知りたいという相談はとても多いです。状況は一人ひとり異なりますので、あなたの状況において最適と考えられるタイミングや進め方について丁寧にアドバイスを行います。

あわせて読みたい

日ごろ転職相談でお寄せいただく質問にリージョンズのコンサルタントがお答えします。今回は「Uターン転職を考え始めたが、決めきれない」というご相談です。 ※個人情報保護のため質問内容は一部加工しています。 子どもの誕生を機[…]

より良いカウンセリングを受けるためのポイント

カウンセリングは限られた時間で行われるものです。より有意義な時間にするために、事前に準備しておきたいことがあります。

履歴書・職務経歴書を準備する

あらかじめ履歴書・職務経歴書を作成しコンサルタントに提出してからカウンセリングに臨みましょう。未記入の内容があっても構いませんが、職務経歴はできるだけ詳しく記入してください。コンサルタントはそれらの情報から、経験してきた業界、仕事、取り組みを把握し、あなたについて理解を深めた状態でカウンセリングに臨みます。また、これまで取り組んできたことや身につけたスキルを箇条書きでもいいのでアウトプットすることにより、あなた自身が過去を振り返るきっかけにもなります。

事前に提出された情報をもとにマッチする求人案件を探し、カウンセリングの中で紹介できることもあります。ぜひ書類は早めに準備しておきましょう。

自分は今後どうなりたいのか考える

仕事やキャリア以外のことでも構いません。あなたは今後の人生において何をしたいのか、どうなっていきたいのか、一度ここで考えてみましょう。転職はゴールではなく、あなたが充実した人生を歩む上での過程です。コンサルタントは、あなたが人生において何を大切にしているのか、その上でどのようなキャリアを築くことが望ましいのかという点を理解することに心を尽くしています。ぼんやりとしたイメージでも大丈夫です。ぜひ言葉にして、カウンセリングの場で伝えてみてください。

カウンセリングを受ける方法

転職のカウンセリングは様々なところで実施しています。転職エージェントはもちろん、ハローワークでも受けることができますし、最近ではカウンセリングを有料で提供する企業やフリーのキャリアコンサルタントも増えています。

いろいろな選択肢がありますが、初めてカウンセリングを受けたいと考える場合は、まず転職エージェントに相談することをおすすめします。日ごろから多くの転職希望者の声を実際に聞いているため、客観的な意見とともに個別の状況に合わせたアドバイスが期待できます。最近はWeb会議システムを活用したオンライン相談が主流となっており、気軽にカウンセリングを受けることができます。エージェントにはそれぞれ得意分野があります。不安や悩み、相談したいことの解を持っていそうなエージェントを探して、まずは問い合わせてみましょう。

多くの転職エージェントは、転職を決めている人はもちろん、転職自体を迷っている場合の相談も受けています。経験豊富なプロのコンサルタントに相談することで、不安が解消され、新たな発見があるかもしれません。「カウンセリングを通じて、転職しない決断をした」という人も多くいます。できれば2~3社のエージェントでカウンセリングを受けて、自分に合うコンサルタントを探すことをおすすめします。

まとめ

転職相談のカウンセリングには、転職やキャリア構築に関する不安や悩みを解消し、今後のキャリアの可能性を広げる効果が期待できます。自分のキャリアについてお悩みの方は、カウンセリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

病気になったら病院へ、家の購入はハウスメーカーへ、保険は保険代理店へ。何かに困ったとき、大きな決断をするとき、より詳しい情報が欲しいとき、それぞれの専門家、プロにお願いすることがあるかと思います。転職にも、転職支援を行うプロがいます。転[…]

リージョナルキャリア

キャリア相談会・転職相談会情報一覧ページです。U・Iターン転職、地方での転職を支援するリージョナルキャリア。地域に根付い…