Uターン転職で失敗しないためのポイントは?失敗例を参考に考える対策

Uターン転職に失敗してしまう原因として、事前の準備や情報取集が足りなかったり、地方で暮らすことの理想にばかり目が向き、現実が見られていなかったり、といった事例が見られます。

理想だけを求めて十分な下調べをせずにUターン転職を進めていては、本来の転職理由を見失ってしまい、結果、また都会生活での不満を繰り返すことになりかねません。

そこで、Uターン転職を希望する方が実際にどのような失敗をしているのかを知り、同じ轍を踏まないための対策を考えましょう。

Uターン転職に失敗する理由

Uターン転職は、出身地を離れ都心などで働いていた方が、ふるさとに戻り転職をすることですが、仕事に就ければそれで成功というわけではありません。

無事に地元で転職できたあとでも、こんなはずではなかったと後悔し、結果としてUターン転職が失敗となることがあります。また、転職活動中にプロセスを誤ったために、スムーズにUターン転職が進まず失敗することもあります。

さらに、家族と一緒にUターンする方は、自分のことだけでなく、家族の暮らしが変わることも考慮していなければ、配偶者や子どもにとって残念な結果となってしまいます。

Uターン転職を成功させるための第一歩は、これまでUターン転職を経験してきた方々の失敗例に学ぶことです。自分は大丈夫だと思いこまずに、誰にでも失敗は起こり得ることだと理解しておきましょう。

Uターン転職活動中に起こる失敗

まずは、実際にUターン転職を経験した方が「転職活動中」に失敗だと感じたことをご紹介します。自分に以下の失敗が起こることはないか、チェックしてみてください。

周囲から反対を受けた

配偶者や家族にUターン転職をしようと思っていることを伝えると、「転職活動が上手く進むのか」「年収が下がるのではないか」といった不安をぶつけられたり、住み慣れた場所を離れて地元に帰ることへの不満を口にされたりするなど、思わぬ反対を受けることがあります。

また、地元の両親は近くで暮らすことに賛成してくれるかと思いきや、「せっかくいい会社に勤めているのにもったいない」など、いまの会社を辞めることを快く思ってくれないパターンもあります。

他にも、家族を上手く説得できずにUターン転職を断念した、逆に合意を得ないまま突き進んで家族関係が悪化した……という最悪の結果に繋がることもあるようです。

現在の職場に知られてしまう

Uターン転職に限らず、転職活動を進める際は、現在の職場には知られないように行動したいものです。転職活動に気がとられ、仕事が疎かになっているのではと思われるのも気まずいですし、これから辞めることが分かっている人と一緒に働くことを快く思わない人もいます。

職場には、正式に転職が決定してから報告したいものですが、Uターン転職では、面接で地方へ移動するために有給休暇を消費することもあり、これまでにはない動きを察知されて報告する前に気付かれてしまうことがあります。

そういった場合、転職を思い留まるように説得され、踏み切れなくなる方もいますし、そうでなくても、水面下で転職活動をしていたことでわだかまりが生じ、退職まで気まずい空気の中で勤務をしなければならないこともあるようです。

求人数が少ない

地方は都心に比べて求人が少なく、また自分が希望する職種があるとも限りません。数に限りがあるので、企業を比較することができず、本当にこの企業に決めてよいのだろうかという迷いを持ちながらの転職活動になってしまいます。

また、家族とともにUターンする場合は、子どもの進学の時期や配偶者の退職などもあり、自分ひとりのタイミングだけで行動できません。

そのため、もっといい求人があったのではないかという思いが残り、結果として納得感の低いUターン転職となってしまうことがあります。

Uターン転職後に起こる失敗

続いては、Uターン「転職後」に起こる失敗についてです。無事転職活動が進み、地元での勤務先が決まったにもかかわらず、転職後になぜ失敗だと感じてしまうのでしょうか。仕事面や生活面などで発生する問題について確認していきます。

会社にギャップを感じる

Uターン転職にかぎらず、最近はオンラインで選考が完結するケースが増えてきました。

WEB面接は移動がないため、時間がかからずスムーズに進むというメリットはありますが、会社の様子を直接チェックする機会を失うことにもなります。

実際に、オフィスや社員の様子を一度も見ないまま入社を決めるケースもあり、入社後に「企業のWebサイトを見て思っていた雰囲気とは違う」「面接での印象と違う」といったギャップを生まれやすくなります。

転職後に理想とのギャップを感じてしまわないためにも、一度は直接会って話をしたり現場を見たりした方がよいでしょう。

住環境にギャップを感じる

先ほども述べたように、近年はWEB選考のみで、会社に足を運ぶことなく選考が終わってしまうことがあります。最終面接や条件面談で訪問ができれば、そのついでに家選びをするということもできたかもしれませんが、その機会もなくなるということです。

新居もネット情報やオンライン見学で済ませると、引っ越したあとに、思っていたのとは違う箇所が出てきて、住環境に不満を持つことになりかねません。

地元へのUターン転職であっても、「知っている土地だから」と油断せずに、生活していた当時とは違うという前提で住まい探しを進めることをおすすめします。

仕事にギャップを感じる

漠然と「都会よりも地方の仕事のほうが楽そう」というイメージを持っている方がいます。根拠はないけれど、Uターン転職をすれば、ゆっくりのんびり自分のペースで働けるだろうと考えているのです。

しかし楽な仕事というものはどこにもありません。地方=楽な仕事であるという誤ったイメージのまま転職してしまうと、想像していた働き方とのギャップに苦しむことになってしまいます。

ただ地元には自分の親や気心の知れた友人がいて、気軽に連絡をとる・会うことができるため、都心で働いていたころよりも気持ちにゆとりをもって生活ができるという環境面の違いはあります。

変化に対応できずストレスを感じる

Uターン転職は、職場だけではなく住まいも一気に変わることになります。新しい職場で一から覚えなければならないことがある中、通勤のスタイルや住環境が変わることなどをストレスに感じ、精神的に疲弊してしまう方もいるようです。

また、転職をした本人だけでなく、配偶者や子どもも、新たな人間関係を構築したり周辺地域に馴染んだりしなければならず、大きなストレスを抱えてしまいます。

自分自身も家族もUターン転職をしたことで想定した以上に環境変化が生じると、失敗したと後悔することがあります。

企業文化の違いに苦しむ

大企業では、専門分野を極めることを求められ、また本人もスキルを向上させていくことにやり甲斐を感じていたという方は多くいます。

しかし、地方の中小企業では、何か一つのことだけに特化して仕事をする方よりも、オールラウンドに、どんな業務も幅広くこなせる方が求められる傾向にあります。

専門外の業務も任されることで仕事が思うようにいかず、失敗したのではと悩んでしまうこともあり得ます。

過度な期待をされてしまう

都会の大企業からの転職ということで、有名企業のブランドイメージに引っ張られ、転職先の企業から過度な期待をされてしまうことがあります。

活躍を期待されることは嬉しいものですが、自分が認識している実力以上に「あれもこれもできるだろう」と思われてしまうと、入社後にギャップが生じ、企業も転職者もお互いに失敗したのでは……と感じる結果になってしまいます。

面接の場などで、自身の経験や実績を客観的かつ具体的に語ることで、企業からの期待値が適切なものとなるように調整するとよいでしょう。

Uターン転職に失敗する人の特徴

Uターン転職の失敗だと感じるさまざまな場面をお伝えしましたが、失敗をする方にはある共通点があるといえます。

転職理由を見失ってしまう

例えばUターン転職を決意した理由が、「通勤時間を短縮し、土日の休みもしっかり確保して、家族との時間を作るため」だったとします。

それなのに、転職活動をしているうちに地元企業の年収の低さが気になり、休日などの条件よりも高い年収が得られる求人を探してしまう……ということがあります。

そして、本来の転職理由を見失ったまま土日出社がある企業に転職してしまい、転職前と同じように家族との時間が作れないことに不満を持つようになる……という結果になることは珍しくありません。

焦って転職を決めてしまう

本来はゆとりを持って転職活動を進めたいものですが、事情により早く退職せざるを得ない状況になる方もいます。

離職の状態での転職活動は、想像以上に焦りを感じるものです。それに加えて、Uターン転職となると都心に比べて求人数は少なく、希望の職種、年収、休日と絞り込んでいくと、選択肢が限られてしまい、焦りは倍増します。

早く決めなければならないという焦りから、しっかりと企業研究ができていなかったり、企業の比較検討が足りなかったりした場合、入社後に業務内容や働き方などに不満を感じることになります。

Uターン転職で失敗しないためのポイント

ここまで紹介してきたUターン転職の失敗例から、失敗しないためのポイントをまとめました。

  • Uターンを考え始めた段階で家族の合意を得ておく
  • 早めに情報収集を始める
  • 地方=仕事が楽という思い込みを捨てる
  • 転職理由を見失わない
  • 企業研究は念入りに行う
  • 転職先の住環境をしっかりと調べる

失敗例の多くは、Uターン転職後の仕事と生活がイメージしきれていなかったことに起因しています。企業についても、分からないことを放置して自分の解釈で理解するのではなく、不明点は企業に直接質問するようにしましょう。

また、入社後の働き方も齟齬がないようにしておきましょう。たとえば、「法人営業」と言っても、扱う商材が変われば顧客や仕事内容もガラッと変わるものです。自分のこれまでのスキルを活かせる仕事なのか、企業から求められているものとギャップがないかを確認しておくことが大切です。

入社前の選考過程で十分にイメージできたとしても、入社してはじめて気づくこともあります。最終的には入社して実際に働いてみないと分からないこともあるのです。このリスクをゼロにしようとすると、細かい部分にも敏感になってしまいます。すべてを完璧にするのではなく、自分の職業選択において「重要な部分」は外さないということを心がけましょう。そのうえで、細かい部分については「想定外のことも多少はあるだろう」と腹を括っておくことが大切です。

リージョンズで失敗しないUターン転職を

Uターン転職では、希望の仕事に就きたい、年収はあまり下げたくない、家族が住みやすい環境で暮らしたいなど、さまざまなことを欲張りたくなってしまうものです。

しかし、すべてを求めて本来の転職理由を見失っては、成功するはずのUターン転職も失敗に終わってしまいます。

Uターン転職で絶対に実現させたいこと、最低限実現させたいことなど優先順位をつけ、自分なりの基準を持って転職活動を進め、自分にとっても家族にとっても、失敗しないUターン転職を実現させましょう。

リージョンズでは「暮らしたいところで思い切り働く」をテーマに、大都市圏から北海道・宮城・栃木・茨城へのUターン・Iターンを考える方のための転職支援サービスを行っています。

地方で埋もれた求人ニーズを発掘すべく、地元企業との関係構築に尽力し、転職希望の方へお届けします。いますぐの転職はもちろん、中長期でのキャリア構築のお手伝いも大歓迎です。

自分のキャリアも豊かな暮らしも手に入れたいという方は、ぜひリージョンズへお問い合わせください。

個別相談会 開催一覧を見る

あわせて読みたい

Uターン転職をすれば、「両親が側にいる」「都会より自然が多い」「通勤ラッシュから解放される」といったメリットが多くありますが、良い面だけではないのがUターン転職です。 とくに、自分一人ではなく家族を連れてUターン転職をする場合には、[…]