Uターン転職は仕事を辞めてからでは難しい?退職のタイミングは慎重に

Uターン転職を考えるとき、このまま今の仕事を続けながら転職活動をするべきか、それとも、会社を辞めてから転職活動をするべきか悩む方も多いようです。

Uターン希望者の多くは、在職中に転職活動を進めるものですが、それは、会社を辞めてからの転職活動はリスクが大きいと考えられているからです。しかし、なかには会社を辞めてから転職活動を始め、無事にUターン転職を成功させている方もいます。

そこで今回は、今の仕事を辞めてからUターン転職活動をする上で知っておきたいメリット・デメリットや、退職後にUターン転職を成功させた人達に共通している、成功のために必要な要素をご紹介します。

Uターン転職は仕事を辞めてからでは難しい?

一般的に、現在の会社を辞めてから転職をすることはリスクが高いと考えられており、仕事と並行しながら転職活動をする人が多いのが実情です。

しかし、地元に戻って再就職するUターン転職においては、仕事を辞めてから転職活動を行うことが、良い結果をもたらすこともあります。

もし、仕事を辞めてからUターン転職を行おうかどうか判断に悩んでいる場合は、そのメリットとデメリットを知り、自分には可能かどうかを考えて選択することが大切です。

会社を辞めてからUターン転職活動をするメリット

会社を辞めてからUターン転職活動に臨むことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。不安が多い退職後の転職活動ですが、利点を最大限に活かしてUターン転職を成功させましょう。

転職活動に十分な時間が使える

現在の仕事を辞めてからUターン転職活動をする一番のメリットは、転職活動に十分な時間が使えることです。

一般的に、働きながらの転職活動では、企業訪問や面接時間の確保が難しかったり、業務中にかかってきた企業からの電話も取れなかったりといったことが起こりがちです。

さらに、Uターン転職となると企業が遠方のため、面接に行くのに丸一日かかることもあり、場合によっては前日から移動しなければならないこともあります。

そういった問題も、仕事を辞めてからであれば気にする必要がなく、転職活動のみに専念することができます。時間的余裕があると、複数の企業との面接調整もできますし、企業分析や面接の事前準備もじっくり行えるため、万全の状態で選考に臨めるでしょう。

早期に入社できる

転職活動が上手く進んでいくと、入社時期を早めることを打診されることがあります。

転職者を採用する企業の多くは、即戦力となる人材を求めています。スキルや経験がある人材を確保できるのなら、早く入社し活躍してもらいたいのが本音で、もし一つの採用枠に複数の採用候補者がいる場合、より早く入社できる人を選ぶこともあります。

「引き継ぎがあるので◯ヶ月後でなければ入社できない」と伝えている間に、その枠は他の誰かに渡ってしまう恐れもあるでしょう。しかし、仕事を辞めてから転職活動を行っていれば、そのような返答をする必要はありません。早期に入社できるということは、企業が選考の合否を決めるにあたってプラスに働きます。

現職の退職交渉がスムーズ

働きながら転職活動を進める場合によく起こるトラブルが、退職交渉です。Uターン転職が無事成功し、転職先が決まったら、現在の職場に退職の意思を伝えなくてはなりません。しかし、突然退職の申し出をされる会社側は戸惑ってしまうものです。

強く慰留されることや、仕事の引き継ぎや、代わりとなる人材の確保を理由に、退職時期を先延ばししてほしいと相談をされることもあります。これらの要求に対応しようとすると、今度は転職先への入社が遅れてしまうことになります。

仕事を辞めてからであれば転職先のスケジュールを気にすることはありません。退職交渉も余裕を持ってトラブルなく進めることができます。

退路を断つことで、強い意志で転職活動に臨める

現職に在籍しながら転職活動を行う場合、企業側は「本当に転職する気持ちがあるのか」という不安を抱えながら選考することになります。一方で仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、(数社併願先はあったとしても)転職への意思が相手に伝わりやすく、企業としても期待が高まります。

人は誰しも、変化を避けたいという心理が働くため、現職に在籍しながらではどうしても転職活動に本腰が入らないこともあります。例えば絶対にUターンしなければならない理由がある場合などは、退路を断つために、まず仕事を辞めることも一つの手段と言えるでしょう。

会社を辞めてからUターン転職活動をするデメリット

一般的に転職活動は、現在の企業に在籍したまま行うことが多いです。仕事をこなしながらの転職活動は時間確保やスケジュール管理が難しいものですが、多くの方がこの方法を選択するのは、会社を辞めてしまうことのデメリットが大きいからです。

離職期間が長いと選考で不利になる

転職活動のために多少の失業期間があるのは問題ありませんが、離職期間が長引くほど選考では不利になるものです。離職期間が6ヵ月を超えると企業が懸念を示す恐れがあります。

例えば、考えなしに前の職場を退職したのかと思われたり、働く意欲が離職期間中に失せているのではないかと思われたりするほか、スキルを持っていた場合でも、ブランクがあることでそのスキルが衰えてしまっていないかなどと推測されることもあります。

スキルや能力に対する正当な評価が受けられないために、自分の希望する条件が通らず、妥協してUターン転職を進めることになってしまう可能性があるのはデメリットの一つだと言えるでしょう。

収入が途切れる

会社を辞めてしまうということは、これまで得ていた収入が途切れてしまうということです。これは会社を辞めてから転職活動をする上での大きなデメリットの一つではないでしょうか。

転職活動期間が長くなればなるほど生活費や転職活動資金がかかることになります。また、Uターン転職は地元までの交通費がかかるほか、遠方になるほど引っ越し代も高くなる傾向にあります。

収入が得られないことでさまざまな不便を感じ、焦りから妥協して転職先を決めてしまう方もいるようです。

家族に心配や負担をかける

Uターン転職となると、自分だけでなく、配偶者が仕事をしている場合は転職する必要があるかもしれません。また、子どもが就学している場合は転校をしなければならないでしょう。このように、Uターンというのは家族の環境の変化や負担も大きいものです。

ただでさえ家族への負担が大きいUターン転職なのに、転職先が決まらないまま現在の仕事を辞めてしまうのは、家族にとって非常に不安なものです。転職活動期間中、家族には常に不安がつきまといストレスを抱えている状態であることを覚悟しておきましょう。

精神的に追い込まれる

仕事を辞めてからUターン転職をするということは、これまで述べてきたデメリットを感じながら転職活動を行うということです。

収入が途切れることや、家族の負担のことなどを考えていると、精神的に追い込まれ焦りが募ってくる方も多くいます。焦りから早く転職先を決めなければならないと感じ、自分が希望する働き方でないところで妥協したり、冷静さを失ってしまったりすることもあり得ます。

その結果、入社後にこんなはずではなかったと、Uターン転職したことを後悔したり失敗したと感じたりしてしまうのです。

会社を辞めてからUターン転職を成功させるために必要なこと

ここまで、会社を辞めてからUターン転職活動をすることのメリットとデメリットをお伝えしましたが、デメリットを知った上でも仕事を辞めてから転職活動をするのであれば、後悔しないために準備をしておくべきことがあります。

会社を辞めてからUターン転職活動をし、無事に希望の企業に転職できた方達の共通点から、後悔しないUターン転職のために必要なことをご紹介します。

当面の生活費の確保

デメリットの項目でも述べましたが、会社を辞めてからUターン転職活動に臨むということは収入が途切れるということです。生活を維持するために、当面の生活費を確保しておくことは必須条件です。

単身でのUターン転職はもちろん、家族を連れてUターン転職をするのなら、さらに余裕を持った資金の準備をしておきたいものです。お子さんがいる場合、転園や転校に伴って制服や体操服、使用する教科書などが異なると新たに買い直さなければなりません。

家族の環境が変わるということは、それだけ多くの出費があるということを想定してUターン転職活動に臨みましょう。

期間を決めて取り組む意志

会社を辞めてからUターン転職活動を進めるとなると、自分自身でしっかりとスケジュール管理をし、期間を決めて集中的に進める強い意志が必要になります。時間に余裕があるように思えるかもしれませんが、ダラダラと転職活動を進めていては時間があっという間に過ぎてしまいます。

自分はいつまでUターン転職活動を続け、いつまでに転職先を決めるのか目標をたて、その目標を目指して積極的に情報収集し、スピード感を持って対応していかなければなりません。

会社を辞めてからUターン転職に成功している方の多くは、目標に向けて自分を律することができる人たちだと言えるでしょう。

家族の理解

家族を持った人がUターン転職をする際には、必ず配偶者や子どもの理解を得る必要があります。Uターン転職は一般的な転職とは異なり、配偶者の退職や子どもの転校など家族の生活の変化も大きくなるため、家族が理解してくれていなければ成功させることはできません。

ただでさえUターン転職には家族の理解が欠かせないのに、会社を辞めてから転職活動をするという不安要素が加わると、家族から反対される可能性が高くなります。

そのため、当面の生活費は確保できていることや、転職活動をいつまで続けるのかといった計画を伝えることで、会社を辞めてから転職活動をすることの理解を得る必要があります。

前向きなマインド

転職というのは、これまでの経験や積み上げてきたスキルを武器に新たな環境に飛び込むことですが、Uターン転職は、地元とはいえ暮らす環境も大きく変えることになります。

このような新たなチャレンジをする際には、計画性や勝算も必要ですが、それと同じくらい持ち合わせておきたいのが「きっと上手くいく」「どうにかする」という前向きなマインドです。マイナス思考にならず、良いイメージが描ける方は成功しやすい傾向にあります。

会社を辞めてからUターン転職活動をすることは大きな不安もあると思いますが、転職希望者本人が自信なさげにしていては家族も不安になってしまいます。周りを安心させるためにも、「会社を辞めてからでも問題ない」という前向きなマインドで転職活動を進めましょう。

Uターン転職をするならリージョンズへ

ここまで、仕事を辞めてから転職活動をすることのメリットやデメリットをお話ししました。仕事を続けながら転職活動をすることも、辞めてから転職活動をすることも、どちらが正解ということはありません。自分自身が大切にしたいことを軸に、Uターン転職活動の流れをよく考えるとよいでしょう。

私たちリージョンズは、転職を希望する皆様が自分にとって最良と思われる決断をし、納得のいく結果となるようサポートいたします。今すぐの転職はもちろん、中長期でのキャリア構築のご相談も大歓迎です。

リージョンズでは「暮らしたいところで思い切り働く」をテーマに、大都市圏から北海道・宮城・栃木・茨城へのUターン・Iターンを考える方のための転職支援サービスを行っています。

自分のキャリアも豊かな暮らしも手に入れたいという方、ぜひリージョンズへお問い合わせください。

個別相談会 日程一覧を見る