40代でUターン転職に成功する人が押さえているポイントとは

40代でのUターン転職は、仕事の実績を多く積み社会人としても成熟したステージにあるため自信をもって臨める一方、40代という年齢がハードルになり転職活動に行き詰まることがあるのも事実です。

もちろん、30代以下の転職と比較すると不利になる点もありますが、Uターン転職であるからこそ、40代という年齢が強みになる点もあります。その強みを理解し、Uターン転職に成功するためのポイントを押さえた人が、自分の理想により近いUターン転職を決めています。

今後の働き方や暮らし方、ビジネスパーソンとしての在り方などを模索する40代が、Uターン転職に成功するために必要な情報とノウハウをご紹介します。

40代のUターン転職は苦戦する?

40代でUターン転職を考え始めるきっかけには、「親の介護が必要になった」「長年の転勤生活から解放されたい」などさまざまな事情があると思いますが、いざ決断するには相当な覚悟が必要ではないでしょうか。

なぜなら、一般的に転職というのは年齢が上がるにつれて成功率が下がると思われているからです。例えば、採用条件に「長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合」という理由から「35歳未満」という条件がついていることもあります。

しかも、年齢的に厳しいと考えられる転職活動に「Uターン」という条件まで付くと、40代のUターン転職は苦戦するであろうことが目に見えてわかり、躊躇してしまう人も多くいます。

そんな中でも一歩を踏み出し、Uターン転職で自身が希望するキャリアを実現するために、まずは40代のUターン転職の現状や難しさについて理解しましょう。

40代のUターン転職の現状

40代でUターン転職をするには、まず年齢と反比例して求人数が減るという難しさがあります。それに加えて家族を持つ人はその責任から「転職に失敗できない」というプレッシャーを感じ、躊躇うこともあるかもしれません。しかし40代のUターン転職の現状は、実はそれほど悲観する状態ではないのです。

私たちリージョンズの支援実績では、2016年から2021年の5年間で、40代のUターン、Iターン転職者数は2倍に増加しています。40代でUターン転職を考える人も増えていますし、40代を積極的に採用したいという企業も増加傾向にあります。

40代のUターン転職の難しさとは

40代のUターン転職の現状は悲観するほどではないものの、やはり地方は都市部に比べて求人数が少ない傾向にあります。地方では業種や職種の選択肢が少なく、これまでのキャリアを活かせる求人が思うように見つからない人も多くいます。

もちろん、そのような点も40代のUターン転職の難しさの一つではありますが、その他にも注意したい点があります。そこで、40代でUターン転職をするにあたって、どのような点を考慮しなければならないか理解を深めましょう。

家族の環境変化による負担が大きい

40代の方は、小学生以上の学年のお子さんがいらっしゃる人も多いでしょう。そのため、Uターン転職をする場合、お子さんが転校をしなければならなくなるのです。

学年が上がるほど、出来上がったコミュニティの中に飛び込むのは勇気が必要になりますし、学校によって授業の進度が異なったり、塾や習い事をしていた場合、また一から教室を探さなければならなかったりと、さまざまな負担が出てきます。

また、配偶者が働いていた場合は仕事を辞めなければならない状況も発生するかもしれません。その場合は新しい土地で仕事を探すことになります。このように、40代でUターン転職することは家族全員の環境をがらりと変えてしまい、負担も大きくなることを知っておきましょう。

子どもにお金がかかり年収が下げられない

お子さんが幼稚園や小学生のうちは負担が少なかった教育費などのお金は、年齢が上がるにつれて増えていく傾向にあります。そのため、40代の転職で年収を大きく下げることは避けたいと考える方がほとんどでしょう。

例えば、中学受験や高校受験をするならそのために塾に通う場合もありますし、他の習い事を始める可能性もあります。また、お子さんが友人と出かけたり遊んだりする際のお小遣いが必要になりますし、スマートフォンを持つようになればその代金や利用料金も払わなければなりません。

なかには、大学進学をするお子さんや一人暮らしを始める年齢のお子さんを持つ人もいるでしょう。そうなると、家庭からある程度の仕送りをすることも考えなければなりません。

40代で年収を下げることは家族の暮らしにダイレクトに影響を与えてしまいますが、地方への転職は年収が下がる場合もあり、希望の年収が確保できる求人を見つけることは簡単ではありません。

マネジメント経験が求められる

40代の転職で必要となる経験の一つに「マネジメントスキル」があります。プレーヤーとしてのスキルがあることを前提に、後輩や部下の指揮をし、組織全体を統率していく力です。また、後輩を指導し育成していく力も求められます。

企業の本音としては、プレーヤーとしてのみ活動する人材は若い方が望ましいというのが一般的です。なぜなら年齢が若い方が、これから長く戦力として企業に貢献してくれる可能性があるからです。

40代は、プレーヤーとしてはもちろん貢献し、さらにより多くの利益をもたらせるように後輩を育成できる存在でなければならないのです。そのため、課長や部長といった管理職の経験はなくとも、プロジェクトリーダーや主任といったポジションで組織を統率した経験などを、選考の過程でアピールする必要があります。

40代のUターン転職活動のメリット

40代でのUターン転職は難しさやデメリットだけでなく、この年代だからこその利点もあります。自分はどのようなメリットを活かして転職活動が進められるのかを把握しておきましょう。

時間的余裕がある

お子さんがいる場合は、「30代よりも40代のほうが、時間的余裕がある」というケースが多くなります。

例えば、30代では子どもが保育園、幼稚園や小学生という方が多く、保育園、習い事の送迎など、子どもと共に時間を過ごすことが多いものです。一方、40代ではお子さんがある程度成長しているため、あまり手がかからなくなります。30代よりも転職活動に割ける時間が多くなるでしょう。

特にUターン転職では、面接のための移動や新居探しなどで時間が拘束されるものです。その点も、時間的余裕がある40代は他の30代よりも有利であると言えます。

選択の自由度が上がる

40代は子どもにお金がかかる世代のため、必要な年収を確保するという条件は譲れないでしょう。しかしその条件さえクリアしていれば、40代の転職は自分が目指したいもの、仕事で実現したいものを選択しやすいと言えます。

30代の転職であれば、子育てに時間がかかる世代のため、残業はできるだけ少なく土日出勤がないものなど、プライベートの時間が確保できることを念頭に置いた転職活動になりやすく、自分のやりたいことが後回しになることもあるかもしれません。

しかし40代は、子育てにお金はかかりますが、手のかからない年齢であることから時間的余裕が生まれます。年収を確保するということを軸に、あとは自分が譲歩できる条件とすり合わせていけば、自分の価値観を優先して転職先を決定することができます。

40代でUターン転職に成功する人とは

40代でUターン転職を成功させるためには、現状やメリット・デメリットを理解していることと、これからお伝えする点を押さえているかが鍵になってきます。

自分の実力を客観視できる

40代ともなると、職場で責任のある仕事を任されたり役職がついていたりすることも多いでしょう。それが自分の実力であると疑わず、どこへ転職しても上手くやっていけると信じきっている方もいるものです。

しかしいざ転職活動を始めてみると、自分がこれまで築き上げてきたスキルと企業が求めているスキルが合致しないケースや、客観的な評価が自身で想定していたものよりも低いというケースは珍しくありません。

自分の市場価値はどれほどなのか、また、新たな環境で発揮できる実力はどれほどあるのかを客観視できる人ほど転職は成功しています。実力を客観視できているということは、自分が出来ることと出来ないことを理解しているということ。つまり、弱みを理解している人はそこを補うために何が必要かも研究できるからです。

出来ることだけを主張するのではなく、出来ないことは何で、それをどのように自己鍛錬して乗り越えていけるかを伝えるのが転職活動の面接の場なのです。

変化を受け入れられる

40代まで仕事をしてきた方には、その人なりの仕事のやり方や自分の中でのルールが出来上がっていることがあります。しかし、新天地に行けば、これまでの仕事のやり方が通用しないこともあれば、その会社ならではの慣習や進め方、社内用語などがあり、戸惑うこともあるでしょう。

これまでの自分のやり方に固執せずに、そういった環境の変化を、素直な気持ちで受け入れる姿勢が大切です。そのうえで、必要な改善提案ができる人は40代でも転職に成功しています。実際に、適応力の高さを備えた人物であるかどうかを面接で見極める企業も多くありますので、ポイントとして押さえておくと良いでしょう。

また、都心などで働いていたときは、専門のスキルを極めることを評価されていたかもしれませんが、地方では、さまざまな業務を幅広くこなせる力が評価されることも多々あります。そういった評価の変化も受け入れる必要があることを理解しておきましょう。

柔軟な姿勢でいられる

すべての人に当てはまることではありませんが、傾向として、年齢を重ねるにつれて柔軟さというものは失われていきます。

先ほどお伝えした「変化を受け入れられる」にも共通する内容ですが、「自分は柔軟さに気をつけなければならない年齢だ」と念頭に置いておく必要があります。そして、新天地では先入観で「40代だから考えが固まっているだろう」と思っている人も中にはいるということを理解しておきましょう。

仕事だけではなく、地方にはその地方のルールや暮らし方というものが存在します。地元で育っていたときには気にならなかったことも、40代で戻ったときには受け入れ難いものもあるかもしれません。そういった事柄も、臨機応変に対応していく姿勢が求められます。

自分は絶対に大丈夫だと高を括らずに、常に柔軟な姿勢でいようと努力できる人は40代でもUターン転職に成功するでしょう。

40代でUターン転職をするならリージョンズへ

40代でのUターン転職は年齢的にハードルが高いのではないかと、はじめから諦めてしまう人も多くいます。

しかし、40代はさまざまな経験を積み、プライベートが落ち着いている分、仕事に打ち込める時期でもあります。そして、そのような40代を積極的に求めている企業もあることから、転職には最適な年齢であるとも言えるのです。

多くの40代をUターン転職成功へ導いてきたリージョンズは、転職希望者自身が自分なりの決断を下し、納得できる結果となるようサポートいたします。今すぐの転職はもちろん、中長期でのキャリア構築のお手伝いも大歓迎です。

リージョンズでは「暮らしたいところで思い切り働く」をテーマに、大都市圏から北海道・宮城・栃木・茨城へのUターン・Iターンを考える方のための転職支援サービスを行っています。

自分のキャリアも豊かな暮らしも手に入れたい、という方はぜひリージョンズへお問い合わせください。

個別相談会 日程一覧を見る