企業に幸福をもたらす「福の神」になりたい|佐藤 理貴

「仕事がとても楽しいです!」と嬉しそうに言い切るのは、リージョンズへ入社し半年が経過した(2021年12月現在)佐藤理貴さん。宮城県の経営者と新たに出会う日々を心から楽しむ佐藤さんに、現在のやりがいや今後の思いについて熱く語っていただきました。

佐藤 理貴(Sato Masataka)

仙台市出身。東北学院大学卒業後、カナダに留学。帰国後(株)リクルートに入社し宮城県の企業への求人広告営業に従事。電子機器メーカーに転職し、責任者として仙台営業所を立ち上げる。以来11年間、東日本エリアの2000社超のメーカーを顧客とした。その後、IT企業での事業開発、精密機械装置メーカーの管理部門を経て、2021年リージョンズに入社。

入社の決め手は「Uターン」というキーワード

── 入社のきっかけを教えてください。

創業メンバーのひとりである大石豊さんに声をかけてもらったことがきっかけです。大石さんとは(株)リクルートで一緒に働いていたので、彼が転職したリージョンズという会社についてももちろん知っていました。直接大石さんから話を聞いたりFacebookの投稿を見ていたりしていると、なんだか面白そうなことをやっている会社だな、とは感じていて。横目でずっとリージョンズという存在は気になっていました。そんな中で声をかけてもらえたので素直に嬉しかったですね。

── 入社の決め手はなんですか?

私はリージョンズに転職してUターンすることが叶ったのですが、もともとUターンというキーワードに関心がありました。私の同級生も地元を出て就職している人が多いのですが、皆、「地元に戻りたいよね」という話をしています。Uターンできない理由が「地元の企業を知らないだけ」ということであれば、すごくもったいない。そういう人達に「宮城にはこんなに良い会社がたくさんありますよ」と伝えられたらいいなと思ったんです。

もともと求人広告業界で営業した経験があり、リージョンズでの採用コンサルティングのイメージはついていました。ただ、転職希望者との面談やマッチングというのは経験がなかったので、そこは自分にできるのか……という不安はありました。ですが、私も何度か転職をしていますし、転職をしたいと思っている人の気持ちを多少なりとも理解することはできるんじゃないかと前向きに考えています。

それから、高岡さん(編集部注:リージョンズ株式会社 代表取締役 高岡幸生)と初めて面接の場で話をしたときに「人として正しいことをする」という言葉がすごく自分に刺さったんですよね。私もその言葉を常に頭において人生を過ごしていたこともあって、高岡さんがその言葉を発したときに心から共感したのを覚えています。

── 「人として正しいことをする」というのは、佐藤さんにとっても重要なキーワードだったんですね。

はい、正しく在りたいとずっと思っていました。ただ、そう思っているけれど、いざ仕事となるとなかなかうまくやれなかったこともあって……。お客さんのためにと思いながらも会社の利益が優先されるシチュエーションもかつて経験しました。これは本当は正しくないんじゃないか、と思いつつもそれをやらないといけない状況はずっともやもやしていて、だからこそ、高岡さんの言葉が私に響いたのだと思います。

余談ですが、リージョンズに入社が決まったときに妻がすごく喜んでくれたのが印象的でしたね。内定の連絡をもらったときに、「うおー、めちゃくちゃ嬉しい!」と自分が言ったら、「私も嬉しい!」と妻が言ってくれて。最高の瞬間でしたよ。

「福の神」となって、相手に福を届けたい

── 仕事のやりがいを教えてください。

もとは電子機器メーカーの営業職だったこともあって、入社当時はまだ取引のないメーカーをどんどん開拓し、採用を通して東北の製造業を盛り上げていきたいと思っていました。

今でも当然その思いはありますが、他にも熱が入っていることがあります。仙台では新たなスタートアップ企業がどんどん立ち上がっていまして、若い経営者の方がたくさんいらっしゃるんです。彼らの話を聞いていくうちに「この人たちと一緒に東北を盛り上げていけたらすごく面白いんじゃないか」と思うようになってきました。今後は、そういう人達とたくさん出会って、リージョンズが力を入れている「Uターン人材」を軸に優秀な方々を紹介し、採用いただくことで企業の成長を一気に加速させるお手伝いができたらいいなと思っています。

── いつも楽しそうに新規企業の開拓をされていますよね。

毎日様々な企業を調べていくと、面白い会社が宮城県にはたくさんあることが実感できるんです。こうした新しい出会いが本当に楽しいですよ。

新しく出会えた方々へ新しい価値を提供して、喜んでいただけることが好きなんです。思えば、営業を始めたときからずっとそういう心意気でやってきましたね。概念的な話になりますが「相手に『福』を届ける」ということを昔から意識していました。変な表現かもしれませんが、自分が福の神のような存在になって相手に幸福を届け、喜んでいただける。そんなことができたら最高に嬉しいです。そのため、仕事では相手にいかに喜んでもらえるかを大切にしています。それがすべての原動力になっていますね。

── 新しい出会いはどのように見つけているのですか?

不思議と「この人のために何かしたい」とエネルギーが湧いたら、自然と情報感度が高まるんです。以前も、「どうにかして転職希望者の想いを叶えてあげたい」と思ったとたんに、自分の視界に様々な情報が飛び込んでくるようになりました。たまたま新聞記事をみたら「ここだ!」と思う企業があったので、その場ですぐ連絡をして、ご縁が繋がったという経験もあります。

エネルギーが湧くと、寝ても覚めてもずっとそのことばかり考えていますね。自分でも不思議に思いますが、そうやって強く思い続けるとなぜか現れるんですよ。本気で願うと叶う、そんな感じでしょうか。

── 思いが出会いを引き寄せているのですね。どういうときにエネルギーが湧くのですか?

熱い思いを持っている人に感化されやすくて、「東北のためになにかやりたいんだ」なんて熱く語られた日には、単純なので「おお!」と私も燃えています。相手の熱にあてられて勝手に自分も盛り上がっていく感じでしょうか。私自身、本気で東北を盛り上げたいと思っているので、同じように思ってくださる人の想いには深く共鳴しますね。宮城には20代30代という若い経営者で、このような思いを持っている人がたくさんいます。それが本当に嬉しいです。東北の未来は明るいと本気で思っています。

── 仕事の難しさはありますか?

相手が何を話したいのか、何で悩んでいるか、本音の部分まで深く掘り下げることが最も難しいですね。表面的なところにとどまらず、相手の根っことなる部分を捕まえるのは一朝一夕ではいきません。経営者との商談の場でも、転職希望者との面談の場でも同じです。ここは、まだまだ力を磨いていかないといけないところですね。

リージョンズは、拠点が離れていても繋がっている

── リージョンズの印象を教えてください。

みなさんとても親切だと思います。気さくに声をかけてくれますし、北海道や栃木といった別の拠点の方とも一緒に取り組みをすることも多くて。たとえば面談の練習をしたり、オンラインで飲み会をしたりしています。様々な接点があるのが良いなと思っています。実際、北海道や栃木の方とまだ直接お会いできていないのですが、もう既に繋がっている感覚があって。それってすごく素晴らしいと思います。

── 他にはどのような交流をしているのですか?

面談練習の他には、企業や転職希望者についての情報交換をしたりしています。栃木のコンサルタントから「どのように新規開拓をしているんですか?」と電話をもらったこともあります。最近は同時期に入社した中途社員で集まって月に1回「同期会」を行っています。オンラインで接続し、一緒にお昼を食べながら各拠点の情報交換をしているんです。

仕事で工夫している事や成果の共有をしています。こういう場があると「自分もうかうかしていられないな!」と奮起できるので、とてもよい刺激になっていますね。仕事と関係ない話もしていますが(笑)

同期会は専用のチャットルームがあるので、そこで話をすることもあります。拠点が離れていても気軽に交流ができるので楽しいですね。

── 当社はリモート勤務の制度を整えているので、遠隔でも会話はしやすいですよね。

そうですね、思った以上にデジタル化されているな、と入社当初は驚きました。営業活動が属人化しないように顧客管理システムを整えていますし、オンライン会議やチャットツールのシステムもありますし、リモート勤務をちゃんと導入できているのが安心できますね。そのうえで、皆がちゃんとまとまっているのも良いなと思います。

宮城県企業の輪の中に入り、経営者と一緒に宮城を盛り上げたい

── 佐藤さんが入社されてから半年が経ちましたね。今後の目標は?

宮城県における採用領域の中心となれるような人物を目指しています。今はまだ自分は何物でもないですが、徐々に宮城県企業の輪の中に入り、経営者の皆様から頼っていただけるようになりたいですね。経営者と一緒に宮城を盛り上げていきたいです。

私たちの仕事を通して企業の成長を後押しし、上場企業が増えたり、規模が拡大したりしていくと良いなと思います。そうすることで、子供たちにとって良い就職先を増やすことにも繋がっていきます。宮城県の子供たちはどうしても就職で首都圏に行ってしまうことが多いので、そういう人たちがUターンできるようになれたら嬉しいですね。

── すごく楽しそうに語っていただきました。今、お仕事は面白いですか?

はい、面白いです!本当に楽しくやってます。こんなに楽しいことをやらせてもらって良いのかなと思います。今は、転職希望者にとっていかに魅力的な求人案件をお預かりできるか、ということを意識しています。見た瞬間にこの求人面白そう、と思っていただけるような案件を見つけていきたいですね。

先ほどもお伝えしましたが、宮城県には熱く若い経営者が多く、地元を盛り上げようとしています。最近は、仙台市が起業を考えている学生を支援し、東北大発のベンチャー企業が生まれるなど、すごく面白い動きが増えていますね。

上場企業を増やそうと仙台市が全面的にバックアップしている「未来創造企業」というプロジェクトもあります。このプロジェクトに参加している企業は、成長意欲がとても高いですよ。宮城の上場企業はまだ少なくて、1社でも上場を果たせば、それが他の企業にも大きな勇気を与えられるはずです。そのような企業は全面的に支援していきたいですね。これからもそういう企業や経営者との出会いを創っていきたいと思います。

あわせて読みたい

「この仕事は良いことしかありません。」そう言い切るのは、2014年4月、リージョンズに入社した荻野智史さん。 当初は転職自体を考えていなかった荻野さんがリージョンズを選んだ理由、そして、人と企業の新たな未来づくりへのやりがいをインタ[…]

あわせて読みたい

結婚、転勤、出産、退職、10年間の専業主婦生活を経ての未経験の人材紹介業界への挑戦。本当にいろいろな経験を積んできた宮崎さん。 「復職に不安はありませんでした」と明るく言い切る宮崎さんに、当時の思いや今のやりがいについてお[…]